国際協力による地域の活性化
-ネパール・パウダル村-

ネパール王国、パウダル村付近の遠景

>>>拡大

<目 次>

1.方法 -「住民の声による地域診断システム」-

2.KJ法図解の内容 - 住民の声 -

3.衆目評価法の結果 - 住民が評価した重要な項目 -

4.結論 - 住民参画の方法・技術が必要である -


>>>ネパール王国の位置 >>>パウダル村の位置


2003年8月29日 発行

 

 


  解 説

 ネパール王国西部に位置するパウダル村では、(特定非営利活動法人)ヒマラヤ保全協会の協力により、マイクロファイナンスをつかった「チーズ・プロジェクト」がすすめられている。チーズ製造販売によってえられた収益を学校の運営資金にするなどして、村を活性化しようというものである。

 ヒマラヤ保全協会は、ネパール・ヒマラヤにおいて、国際協力(技術協力)の活動をKJ法を活用しながら長年おこなっているNGOであり、私もそのメンバーの一人である。

 以下にしめすのは、パウダル村のプロジェクトをすすめる過程の一部としておこなったものである。ここで紹介されている「住民の声による地域診断システム」は日本国内においても実績をあげており、今回、ネパールの山村でも有効であることがあきらかになった。海外におけるKJ法の活用事例のひとつとして参考にしていただきたい。

 

 


 

 

 1.方法 - 「住民の声による地域診断システム」-

 ネパール王国の西部山岳地域に位置するパウダル村では、(特定非営利活動法人)ヒマラヤ保全協会が国際協力活動を長年おこなってきており、現在は、マイクロファイナンスを活用したチーズ製造販売のプロジェクトがすすめられている。

 地域を活性化する事業をすすめるためには、外部の人がその地域に入って一方的に調査・指導するだけでは不十分である。地域住民が事業に主体的に参画し、テーマをめぐる問題意識と情報を当事者間で共有し、みなで共にかんがえながら意識を向上させていかなければならない。つまり、住民参画型の問題解決の実践が必要である。

 2001年11月11〜12日、ネパール・パウダル村において、そのための具体的な方法として「KJ法」を活用した「住民の声による地域診断システム」を実施した。テーマは「パウダル村の未来 -マイクロファイナンスとチーズ工場-」である。

 参加者は、パウダル村の「マイクロファイナンス・チーズ委員会」のメンバーを中心にしたのべ29人であり、Aチーム16人(男性10人、女性6人)、Bチーム13人(男性8人、女性5人)の2チームにわかれて、私のリードのもとで、ヒマラヤ保全協会の現地スタッフのウム=バードル=プンさんにも協力してもらいながら作業をおこなった。言語はネパール語をつかった。

 今回もちいた「住民の声による地域診断システム」という方法は、「パルス討論」→「KJ法」→「衆目評価法」という方法である。

 「パルス討論」とはグループでおこなう討論集会であり、今回は約2時間にわたっておこない、住民が情報や意見をだしあった。

 その議論の結果を「KJ法」をもちいて図解としてまとめ、「住民の声」の全体像を掌握した。

 そして「衆目評価法」とは、参加者に、テーマをめぐって重要だとおもうKJ法図解上の項目に点数を投票してもらい、問題を解決するための重要なポイントをあきらかにする方法である。その結果は、Aランク・Bランク・Cランクに区分され、Aランクが、村人によりもっとも重要であると判断された項目である。ついでBランク、Cランクとなっている。これにより村人の意識の重心がどこにあるかが明確になった。最後には全体発表会をおこない、情報を共有し、テーマに関する意識を当事者間でさらにふかめた。

 なお、地域活性化のための事業では、この「住民の声による地域診断システム」にくわえ「聞き取り調査」をおこなうのがよい。聞き取り調査では、地域内のあちこちをまわり住民から様々な話をきき、取材者が記録をとる。そして、「住民の声による地域診断システム」と「聞き取り調査」の両者の結果を総合して考察をおこなう。このような三段がまえの実践方法が地域事業では非常に有効である。

 

 2.KJ法図解の内容 - 住民の声 -

 Aチーム

 Aチームが作成したKJ法図解の内容を翻訳・文章化すると次のようになる。

 (1)農家への融資がもっと必要である。
 農家が乳牛を購入するために融資がもっと必要である。融資額をふやさなければならない。

 (2)牛の数をふやし、牛乳の質をあげる。
 チーズの質をあげるためには、まず牛乳の質をあげなければならない。そのためには、よい乳牛の数をふやし、そして、牛の数をふやすためには、村としても個人としても牛がたべる草をもっとそだてて、草をふやしていかなければならない。

 (3)牛の健康維持のために獣医が必要である。
 牛は、しばしば病気になるので、獣医と、牛の健康をまもるための設備が必要である。同時に、農家自体が、牛の健康とエサ・薬に関する知識をもたなければならない。したがって、獣医による農家へのトレーニングも必要である。これがあってこそ、チーズ製造・販売事業は、人々や村の経済状態の向上に役立つことになる。

 (4)レネットとカルチャーをどのようにして購入するか。
 レネットとは、牛乳を凝固させてチーズをつくるものであり、カルチャーとは培養菌(乳酸菌)のことである。これらは現在カトマンドゥで購入しているが、継続的に購入していくのが困難な状況にある。どうすればよいだろうか。

 (5)チーズ製造に電力をつかう。
 チーズ製造のために大量の薪を使用しており、このままでは森林を破壊してしまうので、電力をつかう方法をかんがえるべきだ。

 (6)チーズの低温貯蔵庫が必要である。
 現在、チーズを貯蔵する低温貯蔵庫がないので、夏の高温期にはチーズがくさってしまう。今後、継続的にチーズの製造・販売をおこなっていくためには、チーズの低温貯蔵庫を早急に建設しなければならない。また、そのための予算がすぐに必要である。

 (7)学校教育に支障がでている。
 現在、学校の先生が、周辺の村々をまわってチーズの宣伝広告をおこなっている。また、その他のことでも、学校の先生がかなりの労力をチーズ事業のためにさいているのが実情である。このために、学校の先生の本来の仕事である、学校での教育活動に支障がでてきてしまっており問題になっている。

 (8)マーケッティングが必要である。
 パウダルのチーズをよその土地で販売するためには、宣伝広告やマーケッティングが必要である。

 (9)製造過程における損失を明確にする。
 チーズの製造過程を正確に記録し、損失をただしく把握しなければならない。

 

 Bチーム

 Bチームが作成したKJ法図解の内容を文章化すると次のようになる。

 (1)農家へのマイクロファイナンスの額をふやさなければならない。
 パウダル村の経済的な問題について、ヒマラヤ保全協会と村は協力して解決策をかんがえださなければならない。そのたもにも、マイクロファイナンスの金額は増額されるべきであり、農家の意識を向上させ、農家が牛を購入するためには、低金利ローンが必要である。

 (2)牛乳の生産量をふやさなければならない。
 パウダル村は、牛乳の生産量が不足しており、当初計画しただけのチーズが生産できず問題になっている。牛の数をふやして、牛乳生産量をもっとふやさなければならない。

 (3)獣医による農家へのトレーニングが必要である。
 牛が病気になったとき、獣医がいないのでこまっている。ヒマラヤ保全協会は、村の農家のために獣医を派遣してほしい。農家が購入した牛を健康にそだてるために、獣医とそのための設備が村にどうしても必要である。

 (4)代替エネルギーが必要である。
 チーズ工場で薪を大量使用していると、将来的には森林の破壊が深刻な問題になってくる。そこで、電力を利用した設備にきりかえるなど、代替エネルギーが必要である。

 (5)あたらしい低温貯蔵庫とチーズ工場建設の補助金が必要である。
 パウダル村は夏場には高温になるため、貯蔵庫のチーズがくさってしまう。そこで、チーズを低温保存できるあたらしい貯蔵庫が必要である。また、牛乳の価格とチーズの価格との間にアンバランスがあるので、マーケットもチーズ工場も十分うまくいっていない。今後、チーズ事業を発展させていくためには、質の高いチーズの生産と農家の意識向上がどうしても必要であり、そのためには、財政的な援助が必要である。ヒマラヤ保全協会からの補助金があれば、あたらしいチーズ工場を建設し、これからも事業を継続していくことができる。

 (6)マーケット拡大が必要である。
 現在、トレッキング・ルートの旅行者が減少しているので、チーズのマーケット拡大のためにさらなる努力をしなければならない。

 (7)村の収入をふやす。
 チーズ事業を拡大して、パウダル村の現金収入をふや していく。

 

 3.衆目評価法の結果 - 住民が評価した重要な項目 -

 作成したKJ法図解に対して、衆目評価法を実施し、問題を解決する上で重要だと判断される項目をあきらかにした。衆目評価法は、AチームとBチームの参加者全員でそれぞれの図解に対しておこない、これにより、村人の意識と問題の核心が明確になった。

 Aチームの図解についての結果

(1)Aランク
 ・チーズの低温貯蔵庫が必要である。

(2)Bランク
 ・乳牛を購入するために農家への融資がもっと必要である。
 ・牛が病気になるので、獣医が必要である。

(3)Cランク
 ・牛の数をふやし、牛乳の質をあげる必要がある。
 ・牛がたべる牧草をふやさなければならない。
 ・農家は、牛の健康をまもり、エサや薬も用意しなければならない。

 

 Bチームの図解についての結果

(1)Aランク
 ・チーズの低温貯蔵庫が必要である。
 ・農家へのマイクロファイナンスの金額をふやさなければならない。

(2)Bランク
 ・チーズ工場建設と事業継続のために補助金が必要である。

(3)Cランク
 ・牛の育成のために、獣医によるトレーニングが必要である。
 ・チーズ製造のための牛乳が不足している。
 ・マーケットを拡大しなければならない。
 ・農家の意識を向上させ、農家が乳牛を購入するための低金利ローンが必要である。

 

 4.結論 - 住民参画の方法・技術が必要である -

 AチームとBチームの結果を総合すると、パウダル村の人々は、第一に、チーズの低温貯蔵庫が必要だとかんがえており、第二に、乳牛を購入するために農家への融資を必要としている。それらのためには補助金が必要であるとのことである。一方で、乳牛の育成に大変こまっており、獣医による家畜の治療と、獣医による農家のためのトレーニングをもとめている。これは、乳牛を今まで飼育したことがないため飼育がうまくいかず、せっかく購入した牛が死んでしまうなどのケースがでてきているからである。さらに、マーケット拡大にも、学校の先生の多大な労力を必要とするなど問題が多い。

 「住民の声による地域診断システム」の今回の実践は、住民みずからがかんがえ結論をだしたところに大きな意味があり、ここに住民が主体になった地域づくりの可能性をみることができる。そして今回の実践により、参画の方法はネパール山村部においても十分実施可能であり、有効であることが実証された。

 住民参画や住民主体による地域の活性化は重要だと誰もがわかっていても、それをすすめる具体的な方法・技術がないためになかなかうまくいかず、かけ声だおれにおわってしまうケースが多いのが実情であが、パウダル村の成果はひとつの実例として意味のあるものである。

 ところで、パウダル村では、チーズ工場からでる排水による環境破壊の問題などもある。このような専門的な事柄については、チーズ製造や環境保全の専門家・技術者の指導が必要である。住民やその地域にくわしい人と、事業をすすめる上で必要な分野の「専門家」との共同作業・協力も今後すすめていかなければならない。

>>> HOME

(C)2003 田野倉達弘